読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

設定とからくがきとか

自創作の設定とからくがきをまとめようとおもいました。

若返り漫画とログ

らくがき

 

いつか描きたいって言ってたレオルがちっちゃくなる漫画ちょっと描いたの。


f:id:yaslro:20170214224640j:image

f:id:yaslro:20170214224649j:image

 

以下落書き。
f:id:yaslro:20170214224713j:image

f:id:yaslro:20170214224734j:image

 イケイケ系だった初期。今も機会があればこんな顔すると・・・思います・・・(たぶん)

f:id:yaslro:20170214224741j:image

 衣装変えたいよねっていう。

f:id:yaslro:20170214224752j:image

 ふざけて描いた。

f:id:yaslro:20170214224831j:image

 本編に入るかどうかわからんけど・・・・! 珍しく感情を出すメルタ。

f:id:yaslro:20170214224852j:image

めっちゃめっちゃ先になるだろうけどほんとにいつか本編にブッ込みたいネタ。ちゃんと友達やってる。

f:id:yaslro:20170214224906j:image

 一番最後のコマのルーンの顔お気に入り。ほんっとにうれしそうだと思う。

f:id:yaslro:20170214224923j:image
棍棒使うレオル
f:id:yaslro:20170214224948j:image

カステ師匠からの厳しい一言!レオルに100のダメージ!
f:id:yaslro:20170214224959j:image

 突然出演されたエリオラさん(そのうち本編に絡んでくるはず)

f:id:yaslro:20170214225013j:image

引き続きエリオラさんとサリス。久々のホシガラス組。

 

やっぱエクリプスのキャラは描きやすくて好きだなーって思います\(^o^)/なんか小ネタかきたいなー。

衣装を変えたい

らくがき

 

今日描いた絵とかです。

f:id:yaslro:20170214223317j:plain

第1部のイメージイラスト落書き。闇に向かうレオルを心配するルーン。

 

 

f:id:yaslro:20170214223322j:plain

衣装変えたいよなぁと思いながら描いた。なんだその衣装は。

メルタは自ら闇に進んでいくっていうかもはや存在が闇っていうか、うん、闇。

堕ちることを怖がらないから闇の中の光って感じ(?)

一応一番大人だからね!他二人に比べて精神は安定してるんだよ!!

<その他>エクリプス

一般に「闇の結晶」と呼ばれる、邪気を増幅・蓄積させる石のこと。

邪気は人間のもつ負の感情のようなものではなく、もっと別の瘴気のような毒々しい存在。元々地上に自然なものとして存在していたわけではなく、魔物の出現とほぼ同時期に存在を認知された。

もっとも邪気をカタチとして目にできる者は一部であるため、常識として知れ渡っているわけではない。(レオルなんかは見えないし、メルタは少し見えるくらい。完全に見える人間もいる。)

天上人や神の子、黒神、精霊は邪気を明確に視認できる。(天上人は邪気を防ぐ結界を張ることもできる)

エクリプスの力は強力で、温厚な性格の動物でさえエクリプス(正しくは、エクリプスに含有された邪気)に憑かれると狂暴な魔物へと変化する。魔物というのは「エクリプスに憑かれた動物ないしモンスター」のことであるが、その事実を知るものは少ない。

魔物も脅威であるが、エクリプスそのものも脅威である。基本的に人の手では触ってはならず、触るとたちまち邪気に取り込まれて性格が豹変する。理性を失うため力も強力になる。

現在世界の秩序を乱している根源ともいえるエクリプスだが、破壊することもできる。ルーンが蹴りで壊していたのがそれ。相当硬いのでちょっとやそっとや壊れないが、一応壊すこともできる。(第6話でルーンがエクリプスを壊しまくっていたが、蹴りで壊したり道具を使って壊したりするだけで素手で触ろうとはしなかった)

石を破壊すれば全てが助かるというわけではなく、長く憑かれた者は石を破壊しても助からず邪気と同化して消滅する。

また「破壊」とは別に、エクリプスを「無力化」する方法もある。天上人の神術や、神の子の神器などがその例。これらの方法であればエクリプスに長く憑かれた者でも元に戻すことができる。

<種族>呪術士

舞台設定

黒神(蔑称:堕神)との契約の際には、契約する黒神の能力に応じて対価を払う。

契約するといっても契約したのち契約者が自由に黒神の力を使えるようになるかといえばそうではなく、専ら黒神の機嫌に左右される。「使うことができるようになる」というだけで「いつでも使える」わけではない。

黒神は人間の力がなくとも生きていけるし、呪術自体もともと世界にはなかった術である。呪術における黒神と人間の関係は、あくまで黒神のほうが優位である。

契約すると、黒神は契約者の見ているものをそのまま見ることができる。

地上で現在確認されている呪術士は四人。(呪術士になろうとして失敗した者はその数倍いる。)Nの民に一人、人間に3人。

 

<黒神>

・ツォーネ

神への復讐を目的とする黒神。Nの民と連携して世界の秩序を乱している。

 

・ソラシス

痛みを与える能力を持つ黒神。契約の対価は「痛み」。ツォーネと比べて積極性に欠ける性格なのか、基本契約者の呼び出しには応じない。契約してから数年経つが、契約以降、契約者の前に姿を現したことはない。

 

 

<その他設定だけ考えている黒神>

・影を操る黒神

契約の対価は「対象者の影」。この黒神と契約した者は日の下でも影を失う。その代わり呪術発動時に奪われた影を使って攻撃できるほか、他の人間の影を拘束し動きを止めることもできる。

・人を操る黒神

契約の対価は「血」。この黒神と契約した者は血を失うため死亡する。契約内容を偽って契約し、死亡した契約者に黒神が乗り移る。血をもつ生き物ならなんでも操ることができる。(死体すらも。)

 

~12/30

らくがき

アナログスキャンしたものまとめです

f:id:yaslro:20161231004610j:plain

メタ的な話

 

f:id:yaslro:20161231004608j:plain

初期レオル

f:id:yaslro:20161231004606j:plain

初期のみなさん

 

f:id:yaslro:20161231004605j:plain

こんな話がかきたい

 

f:id:yaslro:20161231004604j:plain

ルーンに触られたら骨折れそう

 

f:id:yaslro:20161231004617j:plain

大体メルタのせい

f:id:yaslro:20161231004616j:plain

7話初登場の粗暴少年

~12/28

らくがき

サボらないでまとめようと思いました。ここ2週間ぐらいのらくがきまとめ。

 

f:id:yaslro:20161229163027j:plain

カラー練習したかったやつ。

 

f:id:yaslro:20161229163055j:plain

チビって言うと拗ねる

 

f:id:yaslro:20161229163120j:plain

こういう話かきたい。

 

f:id:yaslro:20161229163207j:plain

カラー描きたかったけど途中で飽きてしまったやつ。

 

f:id:yaslro:20161229163210j:plain

背景力尽きたやつ。

 

f:id:yaslro:20161229163214j:plain

レオルの少年期みたいなやつ。

 

f:id:yaslro:20161229163219j:plain

メルタの歳を知ったレオルの反応。

 

f:id:yaslro:20161229163216j:plain

見切れてますよ

 

f:id:yaslro:20161229163221j:plain

まじめなメルタ

 

f:id:yaslro:20161229163223j:plain

メルタの衣装変えたい

 

f:id:yaslro:20161229163226j:plain

意外に好戦的なカステ

<キャラ紹介>カステ

キャラクター紹介

f:id:yaslro:20161229153233j:plain

名前:カステ
性別:女
年齢:26歳
身長:160後半

オルテーア支部の受付嬢。支部の責任者でもある。物腰柔らかな女性で、常に笑顔を絶やさない穏やかな性格である…が、意外に眼光が鋭いので、笑顔を絶やさないのはそれを隠すためかもしれない。

 

<考えてあるけど本編に出せてない設定>

昔(5年くらい前まで)は、今と同じように丁寧な言葉遣いではあったものの、ちょっとキツめの美人という感じだった。レオルがオルテーアに住み始めたのはその頃で、わけあって少年時代のレオルを鍛えることとなった。

支部の責任者を務めるだけあってその実力は高く、カステを知るギルドのメンバーからは百戦錬磨の女王と呼ばれている。レオルが抱いた第一印象は「鬼みたいな女」だった。

どこぞのお嬢様かもしれない?