読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

設定とからくがきとか

自創作の設定とからくがきをまとめようとおもいました。

<キャラ紹介>ルーン

キャラクター紹介

f:id:yaslro:20161226212252j:plain

 

名前:ルーン

性別:男

年齢:?(推定11歳)

出身地:?

身長:140前半(アホ毛は含めない)

好き:食べること、体を動かすこと

苦手:文字を読むこと、辛い食べ物

趣味:散歩、レオルいじり

 

 

森の木の枝に干されていたところをレオルに拾われた小さな少年。その体格に見合わぬ並外れた怪力をもつ。パワー以外の戦闘能力も突出しており、小柄な体格と自身のスピードを活かした戦闘スタイルをとる。よく跳ぶ。

怪力については初めレオルが追及したが、「生まれつきだから」とだけ返し、レオルもそれ以降は慣れたのか何も言わなくなった。カステにはスパイではないかと邪推された。自身の過去や目的について訊かれるとはぐらかすことが多い。

持ち前の明るさや無邪気さは子供そのものだが、時折見せる真剣な表情は普段からは想像もできない力強さをもつ。だが基本的には花の咲いたアホ。

神の子」を探す旅をしており、神の子に関する情報を集めているらしい。なぜ探しているのかは不明。訝しむレオルに「一ヶ月経つまでにここを出て行く」と宣言した。

 

<考えてはあるけど本編に活かせてない設定>

自分の家や部屋はもたないので、基本的にはレオル(と大家)の家の屋根の上で夜を過ごす。大家には「レオルの部屋で暮らしていい」と言われたがレオルに拒否された。その場は無理やりねじ伏せたものの、自身の生活リズムを知られたくなかったので結局部屋を共有することはやめた。

というのもルーンは睡眠時間が極端に短く、夜に散歩と称して魔物の浄化に出かけることも多いから(もちろん普通に散歩することもある)。町の住人が寝静まった時間帯でも普通に活動している。

 

<本編に入れたいけどまだ出せてない設定>

武器は、持たないのではなくて持てない。持とうとすると手が震えるため、最初護身用としてレオルに渡された剣も持つことができなかった。

戦闘能力は高いのだが、それはほぼ対魔物戦に限る。対人戦闘の経験があまりないため、人を相手取る戦いは苦手。(本人曰く、「人相手だと力加減がわからない」)

また他人の気持ちには少し鈍く、人(主にレオル)を怒らせることもしばしば。怒るとわかっていて突っ込んでいくこともあるが、不本意に怒らせたり傷つけてしまった時はちょっと焦る。

<種族>天上人

舞台設定

天界にすんでいる、人間より神に近いと言われている種族。

大神から精霊の管理を任されている。

f:id:yaslro:20161226215201j:plain f:id:yaslro:20161227224530j:plain

 

 (↑例)

 

<神術について>

天上人だけが使える術であり、下界(人間界)では「呪術」「魔術」にならぶものとして扱われている。神符という特殊な紙を用いて発動する。

簡単に言うとナンデモアリのチート術なのだが、神符の数に制限があったり、あくまで「任務遂行の上で必要な範囲」でしか使うことができなかったりと制約も多い。私情から神術を使うことは禁止されている。(これを破ると厳罰が下される)

 

<特長について>

天上人の大半は人間に対して嫌悪感を持っている。任務の上で人間の暮らす下界に降りることもあるが、人と交わりたくない故、そして天上人は人間社会を揺らす存在であるために基本的に人気のない隠れた場所で生活する。

(過去、下界では天上人は神と同じように厚く信仰されていた。地上に降りてきた天上人を政治に利用する事例も多くあった)

また、天上人は人間と比べて睡眠や食事の量が極端に少ない。長寿でもあり、平均200年生きることができる。

この種族は総じて美しい見た目をしており、その魅力は同性である人間も惹かれてしまうほど。下界では美しい故のトラブルもあるので、そういう意味で人間を嫌う天上人もいる。

天上人は大神が生成するものなので、基本的に生まれてから死ぬまでずっと同じ姿である。必要最低限の知識は誕生時に与えられるし、「子供時代」というものも存在しない。死ぬ時は光となって消え、大神のもとへ還るとされている。頑張れば転生も可能かもしれない。

 

<以下本編に生かせそうもない裏設定的なやつ>

天上人にも一応性別は存在するので、男の天上人も女の天上人もいる。

が、天上人は誕生の仕方が人間とは異なるためパートナーは必要としない。ゆえに他者に恋愛感情をもつことはない。

ブログ概要

ブログ概要

自分が描いている漫画の設定をまとめられるところがあったらいいなあ、とおもい突発的に作ってみました。

「いくつブログつくってんねん」って感じですし「またかよ!」って自分を殴りたくなりますがまた頑張ってみようと思います。気軽にらくがき投げれたらいいなぁ。

自分のフォルダに積みあがってる落書きとかいっぱいあるしね・・・消化したい!

pixivにいたり、

www.pixiv.net

 

ヤプログにいたりします。こちらは日常とか雑多系ブログです。

yaplog.jp

 

よっしゃ~設定まとめるぞ~カテゴリとか苦労しそうだけどがんばるぞォオ~~。