やしぶろ

適当にやっていきたいです。

アイドルももち!

最近ももちについてよく調べています。あのももちです。

自分はテレビで見るももちしか知らなかったのですが、全然違う動画を見回ってて関連動画で「歌唱力半端ないももち」みたいなタイトルを見て気になって。それからちょっとだけももちのことを知りました。

知った結果。ももちかわいい!

PVで見るとちょっとわかりづらいけど、ダンスがうまい。自分を可愛く魅せるダンスをしている。

ももち経由でBerryz工房の曲を知ったんですが、すごい・・・つんくテイストだ・・・って思いました。つんくさんをよく知っているわけじゃないけど、モー娘。ぽさがある。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

このころのももち多分中学生。中学生でこの歌唱力すごい。(でも残念ながら当時の生歌は探せなかった)

こういうまっすぐな片想いソングを聴いてると創作につかいたくなりますなぁ。こういう曲聴いてるとラブコメ描きたくなるんですな。だってめっちゃかわいいじゃん。

自分の絵と好きな曲の傾向比べるとだいぶ似通っている気がする。

f:id:yaslro:20180609160650j:plain

こういう表情の絵、よく描きます。

 

さてももち。こちらライブ映像。

www.youtube.com

0:58~ 愛理ちゃんとのデュエットがすばらしいももち

2:54~ ももちソロ

 

歌が・・・・・・・・うまい・・・・・・・・・・・。

 

ももち経由でBuono!を知ったけど、他の二人も歌がうますぎますな。Buono!Berryz工房と同じく活動休止で、ももちは芸能界引退済みなのでもう今は見れないんだけど・・・。くそう!ももちのことを知るのが遅すぎた!!

 

調べてみるとももちって結構な努力家だそうです。(具体的なエピソードは見つけられなかったけど) イヤ、歌もダンスもうまい時点でそりゃ並々ならぬ努力をしているのだろうと察せられます。

なんとなくライブ映像とかみてて感じたのは、100%のパフォーマンスを発揮するには普段から120%ぐらいの力を出していないと厳しいんだろうなーということですねー。

ライブって常に万全の状態で臨めるわけじゃなし、そもそも緊張が入って普段通りの振る舞いもしづらい場所。そんなところでいつも通りに歌えるって裏の努力が半端ねえんだろうなと思うわけです。なんとなく歌を歌うのを仕事にしていて、なんとなくステージに立ってみたいなぐらいの心意気では絶対にできないことだと。

歌がうまく歌えるようになって、ダンスがうまく踊れるようになって初めてスタートラインに立てる。それからステージに立ってお客さんを楽しませるのがアイドルの仕事。だから彼女たちは歌を歌いながら踊りながら客席に笑顔を振りまくし手を振るし、体全部で幸せをくれるわけですな。

 

自分は漫画描いてて、「昔はあれでもないこれでもないとしながら描いていたのに、今はふっつうに漫画描ける。でもふっつうに描けてしまうことがなんか物足りないな」と感じることがたまにあるんですが。

描き始めた頃は四苦八苦だったので、その苦労が楽しかったんですよな。最近はその苦労もあんまり(ほとんど?)ないんだけど、苦労がないことが逆に不安になって「努力してないなぁ」と思ったりしたのね。や、漫画作業自体の苦労が少ないというだけで、その他気苦労を払うのは未だに難しい課題です。

でも自分の今この「ふっつうに漫画描ける」って状態がようやくスタートラインなのかなとふと思った。こっからは何を描いていくかが重要で、アイドルに置き換えればどうやってお客さんを(自分を)楽しませるかっていう問題。

 

ありがたいことにしばしば「漫画描けるのがすごい」と言っていただけるのですが、「はあ、そうなのかなぁ」という個人的な気分があります。ありがたいと思う反面自分じゃありがたさが全然わからないわけです。

それってきっと、「この小説とってもおもしろいからあげるね!」と言って小説本をプレゼントしたら「ありがとう!すごくいい紙だね!」と言われるようなものだと思ったのです。本質はそこじゃないぜ、みたいなな。

ただ漫画が描けても意味がなーい。コマを割って顔を入れるだけなんて、スタートラインにすら立っちゃいない。一番うれしいのは「漫画が面白いからこれからも追いかけますね」ですね。 あっそういえば昨日そういうリプライを頂きました!棚からぼたもち、嬉しさMAX。(しかもEclipceを好いて頂けた・・・!)(ラブコメの方が人気あると自覚しているから、メインが好かれると嬉しい)

私は絵もうまくないし線も綺麗なわけじゃないので、そこを乗り越えて漫画が好きと言ってもらえると本質をとらえてもらえた感じがする。漫画は絵じゃなくて話が大事だという持論です。

 

ともあれ、もう何をも気にせず描くしかないんだよな。よし、ラブコメでも考えるか。