やしぶろ

適当にやっていきたいです。

ベルセリア語り

災禍の顕主は、最終的には世界を救って仲間も守り切った立派なヒーローだと思うんだよ。

あの世界の立派な解決というのは業魔をなくす・・・つまり穢れをなくすことなんだろうけど、設定がそれを否定してる以上はムリだよな。少なくともアイゼンはそれを知っていながら好んで人間の側にいて、その末路としてドラゴンになっているんだから彼に後悔はないんだろう。ロクロウにだって業魔になった後悔は全くない。穢れを受け入れて、穢れのある世界で自分たちなりに一生懸命生きるというのがベストアンサーなら、やっぱりあの結末は納得いくものなんじゃないかな。

ベルベットは最初こそ私怨だったけどアルトリウスの”理想”の中身を知った後ははっきり「それは間違っている」と否定してかかっているわけだし、スタートは違ってもゴールは間違いなく英雄だったと思うのだ。

個と全。アルトリウスのいう全は世界のことで、その世界に人間は含まれていない。人間は個だから、いくら死んでもいいという思想。人間がたとえいなくなっても、穢れのない世界をつくれるならそれでいいと思ったんだろう。ロイドだったらぶん殴ってるね!(シンフォにも似たようなやつあったよね)

 

ベルベットが人間らしい面を見せる瞬間が本当に好きで、タンコブを痛がるライフィセットにこっそり治療法を教えてあげたり、混浴嫌がったり、そういうところを見ると「やっぱり19歳の少女だな」と思うのでした。

平和な村娘時代のムービー見てても、ラフィに怒る時の声は間違いなくのちのベルベットの片鱗があるし、「昔から怒ると怖かったんだな」って見て取れるのがおもしろい。

PTメンツがライフィセットの健気さに言及するシーンも好きで、結構そういうのはマギルゥが言うことが多いのかな。

1号に言った「おぬしの相棒だった坊・・・ライフィセットは"生きて"おるぞ。恐ろしい女業魔の背を追って――」っていうセリフとか、「坊はベルベットの役に立ちたいんじゃよな~?」とか。エレノアも、ベルベットに「わかってますよね。ライフィセットはあなたのために・・・・」って言ったりしてましたね。PTの皆がライフィセットの気持ちをわかっているのが微笑ましいし、それを否定しないライフィセットも良いし、ベルベット自身も感じているのが微笑ましい(そしてたまに嫉妬する)。

ベルベットのライフィセットの気持ちっていうのはやっぱりなんだろ、相棒とかだし、「年下扱い」はやっぱり最後まで変わらないんだよね。まぁ実際ライフィセット子供だしね!あの体格の子供を男扱いするのは無理があるw

ライフィセットが最後にベルベットに言った「だって僕は、ベルベットが好きだから!」ってセリフは両方混じってたんだろうな。ED後も二人生きて残っていられたなら、ライフィセットは将来イケメンに成長してベルベットと旅をしていたんだろうなぁ。

ベルベットはライフィセットに容易にさわれないってのもまた切ねえなぁ。エレノアは人間だから多少は触れるんだろうけど、ライフィセットはな・・・・。

 

というかベルベット、ぜんっぜん喋らないのに間違いなく主人公の品格と力があるってすごいよなぁ。言葉少なだからこそ、たまにいうセリフにめちゃくちゃ力があるのかな。たまに小姑っぽくうるさいけど、大体言ってること正論だし、間違ってたらちゃんと訂正したりするのもまた好感が持てる。

あと後半でベルベットが何度も「あたしはシアリーズを食べた」って言ってたけど、実際のシーンはベルベットを庇って致命傷を負ったシアリーズがそのまま消えかかろうとしていたところをベルベットが食らってシアリーズを自分の力に変えた、って流れじゃんね。

その流れを知る者ってベルベットとシアリーズ(あとオスカー?)しかいなくて、ベルベットは「食べた」としかいわないから、それだけ聞いたらベルベットが好んでシアリーズを喰らってしまったって風に聞こえるんだよね。実際はシアリーズが「食べて」って頼んだのに。もちろん食べたことには変わらないし、ベルベットは「あたしは悪くない」とは言わない。

極悪党と言われるベルベットだけど、人を好んで殺してはいない。オスカーのだって半分事故だし(ていうかアルトリウスの策戦だったし)、村一つを業魔化させてしまったのも半分事故。そのあとも喰魔をはがせば村が業魔化するって知りながら喰魔をさらいつづけたけど、結局村が業魔化したシーンってなかったんじゃなかった? ヘラヴィーサはあのあとどうなったかわからないけど。

ベルベットの所業のせいで陰で死んだ人は数知れずいただろうけど、それはテイルズ主人公なら誰しもやっている気がする。

まぁ監獄塔の囚人を脱獄させて対魔士に多く殺されただろうアレは、どちらにせよベルベットが監獄塔から逃げることでみんな業魔になっただろうし。なんか、「ベルベットの悪行だよね」ってやつは「ベルベットが手を下していなくてもいずれそうなったよね」みたいなものが多かった気がします。ひいき目じゃなく。

悪さをした大司祭も結局ベルベットの手によらないところでしんでしまったし、ヴォーティガンでベルベットがやろうとしていただろう拷問もアイゼンが代わりにやってくれたし、実際にベルベットが故意に手を下したのってあんまりなくないか? アバルの村人全滅も、知らずにやったことだし。

話の流れでたまたまそうなった~とはいえ、人を殺さないゲームってのはいいな(実際はちょっと違うけど)。Zは助けようとして死んでしまった人いっぱいだったのに、Bは殺そうとして結局殺さなかったパターンが多くて、なんだろうこの違いは。別話だけど、スレイがラジコンって言われてるのめっちゃ笑った

 

それにしてもテレサとオスカー助かってほしかったなぁという感じ。デクスとアリスみたいなもの悲しさを感じた。あんなに感情移入できるサブキャラがいるだろうか。個人的にはアルトリウスとかよりよほど気に入った。テレサかわいいし。

ていうかテレサ&オスカー戦の前にテレサとのスキット大量に入れてきて好感度上げてくるのずるいよな。あのままテレサこっちの仲間になってくれるかと思ったのにな・・・・・。ま、テレサに一番大事なのはオスカーだからそれはないか。ベルベットのこと嫌いだしな!ベルベットもオスカーのケガを詫びる気ゼロだし!

ベルベットが最終的には殺したけどあれはアルトリウスの策戦だし、本当、正義がぶつかりあう感じのゲームだったなぁ。

あと作中何度もベルベットが「嫌ならついてこなくていいわよ」とか「無理に来る必要なないのよ」って言ってるのも印象的。結局優しんだよ、ホント。「誰も傷つけたくない殺さない!」っていうような優しさはないし、「困ってる人全員助けたい!」っていう正義でもないけど、ベルベットなりのベルセリアPTなりのやさしさが間違いなくあるんだよなぁと何度も思う。

あんまり人の意見を入れたくないのでpixivもツイッターもベルセリアであさったりはしていないんだけど、ベルセリア大好きだな~と見返して改めて思うのだった。今まで何本かテイルズやってきたけどここまで好きな作品ないわ~。

でも次回の新作はシナリオライター変えて欲しいなーと思う。ハッピーエンドにしてほしい。ほんとにハッピーエンドにしてくれ。キャラに感情移入できるような、納得できるようなシナリオで、PT全員が笑って終われるハッピーエンドにしてくれ。